IT高度医療スペシャリスト科(大分1)

IT高度医療スペシャリスト科(大分1)

※現在は募集を行っておりません

公共職業訓練 IT高度医療スペシャリスト科とは

大分県の委託を受けて行っている公共職業訓練です。訓練期間は2021年5月〜2021年11月まで。訓練期間中に、パソコン操作(基本の操作、Word、Excel、PowerPoint)と医療事務についての講義、また面接などの就職サポートをします。

ゴードービジネスマシンの公共職業訓練は、就職後も就業先と連携して卒業生のサポートを行なっているので、卒業生の満足度が高く、離職率が低いのが特長です。

医療事務とは

医療事務とは、医療費の計算をしたり保険者に診療報酬を請求したりするお仕事です。
病院やクリニックなどの医療機関で患者様の応対を兼務する場合も多くあります。

本訓練のほとんどの卒業生が「医療事務」として病院、調剤薬局などの医療機関に就職します。

パソコンを操作している女性

パソコンは文字を打つのがやっとで「ワード?エクセル?何それ?」なレベルでしたが、先生方が優しく教えてくれて、資格がとれました!
私の一番の不安は就職活動でしたが、本番の前に教室で模擬面接をしてもらったおかげで、面接のマナーにも自信をもって面接に臨むことができました。

先生方・会社の方にとても親切・親身になってもらえて心強かったです。
授業がわかりやすいのはもちろん、質問をした時もいつも気持ちよく対応をしてくれたので、最後まで楽しく通うことができました。

もともと勉強が得意ではなかったので「医療事務の講義についていけない!」と焦って先生に相談したら補講をしてもらえ、なんとか卒業できました(笑)
自分が苦手なところを重点的にみてもらえたので、間違いにもすぐに気づくことができ、無駄な勉強時間が少なかったと思います。

募集要項

現在は募集を行っておりません。

受講資格1. 訓練を受講することが再就職の促進に資すると判断され、公共職業安定所長の受講指示、受講推薦又は支援指示を受けた方
2. 過去1年以内に公共職業訓練又は求職者支援訓練(実践コース)を修了したことがある方は、公共職業訓練の受講はできません。
託児サービス利用資格生後4ヶ月から就学前の児童の保護者であって、職業訓練を受講することにより当該児童を保育することができない方で、かつ、同居の親族その他の者が当該児童を保育できない方
募集定員30名(うち母子家庭の母等枠4名/託児サービス利用者枠5名以内)
託児サービス利用児童定員5名
募集期間令和3年3月1日(月)〜令和3年4月19日(月)(締切厳守)
※最終日は17:00必着
※公共職業安定所での手続きが終了した後、願書の提出が募集期間内に間に合わない場合は、必ず募集期間内にハローワークを通して電話連絡(大分高等技術専門校まで)の上、選考日当日願書を持参してください。
選考日時令和3年4月22日(木)9:45集合
※受験票は送付しません。選考試験日に必ずお越しください。
選考会場大分市大字下宗方1035-1
大分職業訓練センター(駐車場あり)
選考方法適性検査、個人面接
※筆記用具持参
※選考時の託児サービスは行いません
合格発表令和3年4月28日(水)14:00発表
入校説明会令和3年5月14日(金)10:00〜
場所:大分職業訓練センター(駐車場あり)
受講指示日令和3年5月24日(月)
各ハローワーク(雇用保険受給者のみ)

本人確認ができるものを持参のうえ、大分高等技術専門校で口頭による総合得点及び順位の開示請求(発表後1ヶ月間)が可能です。ご提出いただいた入校願書(写真を含む)、その他の応募書類は返却出来ませんので予めご了承ください。

応募者数が少ない場合は募集期間の延長や訓練を中止する場合があります。また、悪天候等により、選考試験や入校説明会等の日程が変更になる場合もあります。

※個人情報の取り扱いについて、応募書類にて知り得た個人情報は訓練実施以外の目的には利用しません。
※母子家庭の母等とは、いわゆる長期失業状態にある母子家庭の母及び父子家庭の父並びに自立支援プログラムに基づき、福祉事務所を通じて受講を希望する児童扶養手当受給者又は生活保護受給者を言います。

応募書類

  1. 入校願書(住所地を管轄するハローワークで相談の上、「入校願書」をお受け取りください)
  2. 託児サービス利用申込書(希望者のみ)

提出先

大分県立大分高等技術専門校(〒870-1141 大分市大字下宗方 1035-1)
TEL:097-542-3411

入校願書提出後の流れ

注意事項

  • 修了日から3ヶ月以内に就職状況を報告していただきます。
  • 訓練期間中に、キャリアコンサルティングを受けていただきます。
  • 訓練修了が見込めない、または、訓練期間中に授業の進行を妨害したり、訓練担当職員の指示に従わず秩序を著しく乱したり、欠席・遅刻・早退が多いときは、退校していただくことがあります。

訓練の詳細

訓練期間令和3年5月25日(火)〜令和3年11月24日(水)
訓練場所ゴードービジネスマシン株式会社(住所:大分市下郡北1丁目2—12)
訓練時間9:00〜15:30
(予定:土・日・祝日、年末年始休暇:12月29日〜1月3日を除く)
託児場所牧保育園(住所:大分市牧2丁目10-34)
※認可外保育施設となります。
必要経費受講料及び託児サービス料は無料ですが、受講者(保護者)が負担する経費として次の経費が必要です。
1. 教科書・教材費として、17,930円程度及び資格取得受験料は受講者の負担となります。
2. 託児にかかる費用は別紙のとおりです。児童の食事(昼食・おやつ)代として1か月あたり約7,500円程度必要。その他、おむつ代等の実費分については受講者(保護者)の負担となります。
車 通 学訓練場所:駐車場 有(有料)
託児場所:駐車場 有
その他訓練中や通学途上の事故に対して、災害見舞金支給制度及び訓練生災害傷害保険制度(任意加入)があります。

委託訓練カリキュラム

受託機関名 ゴードービジネスマシン株式会社

訓練科名IT高度医療スペシャリスト科(大分1)
訓練期間令和3年5月25日〜令和3年11月24日(6か月)
訓練目標・医療機関の医療事務(医療費請求)及び医師事務(電子カルテ入力・書類作成等医師代行業務)に関する知識・技術を習得する
・石ジム・医療事務色に必要なPCに関する知識・技能を習得する。
・表計算、文書・資料作成ツールやクラウド等、現在、業務やビジネスで利用されているITを理解する。
・適切なメールの送受信やスケジュール調整ができ、社内外の関係者と適切にコミュニケーションがとれるようになる。
・表計算ツールを用いたデータの集計方法を理解し、データの集計及び見える化ができるようになる
・様々な手段で取得した各種データを利用するにあたり、情報セキュリティ及びコンプライアンス上確認すべき事項を理解し、それを適切に利用することが出来るようになる
就職先の職務・医療事務職及び医師事務作業補助者
・医療機関の管理職候補
・各業種の事務職及びシステム担当責任者

訓練の内容

学科

科目訓練の内容訓練時間
オリエンテーション入校時、修了時オリエンテーション6時間
就職支援受講動機、コミュニケーション、自己理解・仕事理解、ビジネスマナー、職業倫理、健康管理、就職活動の進め方、求人動向、求人情報の収集、ジョブ・カード作成支援、履歴書・職務経歴書作成支援、面接対策、キャリアコンサルティング等60時間
ITとビジネス業務における IT の活用、ビジネスにおける IT の活用6時間
情報セキュリティ情報セキュリティの重要性、情報セキュリティ事故の原因、脅威とインシデント、利用者のセキュリティ対策6時間
コンプライアンス個人情報保護法、電子データに関する知的財産権、不正アクセス行為の禁止等に関する法律6時間
業務改善の考え方・コツ業務効率を低下させる要因(3つの M)、業務量を把握するための業務量調査(実測法、実績記入法等)、情報を整理するためのツール(業務体系表、業務手順検討表等)6時間
法規及び制度概論医療保険制度、公費負担医療制度、保険医療機関等について、調用担当規則等、医療関連法規、介護保険制度48時間
医学概論医療用語についての知識、解剖・生理機能病的状態及び治療方法についての基礎的知識、薬学基礎知識12時間
医師事務作業補助者概論医師事務作業補助者の位置付け、医療安全管理、個人情報の保護、診療録と電子カルテ、院内文書と院外文書48時間

実技

科目科目の内容訓練時間
グループウェアの基礎知識と活用クラウド・グループウェアの概要と活用メリット、グループウェアへのアクセス・利用開始、スケジュール機能・ドキュメント共有機能・メール機能の活用、テレビ会議システムの活用6時間
データ活用のためのデータ集計と見える化表計算ソフトの基本操作、書式設定、データ集計の基本(関数・数式の挿入、ピボットテーブル)、データの見える化(グラフ作成等)66時間
ITを活用した業務遂行の実践就業現場を想定した業務遂行演習、業務の合理化・迅速化に関する演習、コスト削減に関する演習、情報活用による営業力強化に関する演習90時間
文書作成・プレゼン作成ソフトの活用ワープロソフトの基本操作、文書の編集・書式設定、ビジネス文書の作成、プレゼンテーションソフト
を使用したスライドの作成とプレゼンテーション演習
48時間
Webページ作成演習HTMLの基礎、スタイルシートの活用、Webページの修復18時間
診療報酬算定演習基本診療料・特掲診療料等の算定方法についての知識、薬価基準・材料価格基準の請求方法についての知識192時間
診療報酬請求事務演習診療報酬明細書を作成するために必要な知識とその実技54時間
レセコン・電カル入力演習レセコンを使用しての診療報酬請求作業、電カルを使用しての診療録入力及び文書作成42時間
受付応対演習接遇実践演習(窓口応対、電話応対、ロールプレイング)12時間
職場見学医療・介護現場への見学、施設・業務内容説明、質疑応答12時間

訓練時間総合計 738時間(学科 198時間、実技 540時間)

取得可能な資格

医療事務認定実務者試験全国医療福祉教育協会毎月実施4,500円
医師事務作業補助者実務能力認定試験全国医療福祉教育協会10月実施7,200円
電子カルテオペレーション実務能力認定試験全国医療福祉教育協会8月実施7,200円
診療報酬請求事務能力認定試験日本医療保険事務協会12月実施9,000円
ITパスポート試験(※希望者)情報処理推進機構毎月実施5,700円
表計算・プレゼンテーション・ホームページ作成1級日本情報処理検定協会10月実施各3,000円

主要な機器設備(参考)

  • ノートパソコン(30台)
  • レーザープリンター
  • プロジェクター
  • スクリーン

※機器及び施設設備については、ご希望に添えないことがありますのでご了承ください。

お問い合わせ

詳しくは、下記までお問い合わせください。

ゴードービジネスマシン株式会社
教育事業部直通TEL:097-547-9500


受講申込書に係る担当者:教育事業部/大熊
訓練実施内容に係る担当者:教育事業部/藤原